競馬好きのT.S

競馬のことや、食べたご飯について記します

【大阪杯2019 回顧】

北村友一騎手騎乗のアルアインが1着で1番人気のブラストワンピースが飛び高配当の決着となった。レースを終えてからの感想だが、去年の単勝2番人気複勝1番人気で3着のアルアインが9番人気であったのは非常にオッズが美味しく、穴として買う価値は十分にあったと思った。そのアルアインは道中、インコースにつけ、走る距離を出来るだけ少なくできたのが勝因である。2着のキセキはインコースではなく、馬場状態の良いところを通ってレースを運んだが、捉えきれずの2着となった。1番人気のブラストワンピースは位置取りが悪く、仕掛けもペルシアンナイトナイトのせいで外を回らされて、まったく勝負にならなかった。しかし馬の実力が低くて負けたわけではないので次は十分買う価値のある馬だと感じた。ペルシアンナイトはブラストワンピースをいじめたせいで、結果として自分も外を回ってのでまったく勝負になっていなかった。個人的にはマイルCSや今回のアルアインワグネリアンのような騎乗を期待していただけに残念であった。キセキはこのレースと復活してからのレースを見る限りでは先行策が上手くハマり安定して強くなった印象である。この馬は単騎で逃げた方がスタミナがあるため強いと感じた。次以降のレースでも枠順が内寄りで逃げ馬がいない時には単勝を買いたいと思った馬である。